ルーコ 井上の「喜びを、創ろう」。集客・ブランディングの日々。

ルーコ 井上の「喜びを、創ろう」。集客・ブランディングの日々。

集客・ブランディングのコンサルティングと、それに関わるWeb・印刷物 企画制作の、株式会社ルーコの代表です。 「喜びを創ろう」を基本理念に活動する日々を書いています。

マークアップエンジニア・HTMLコーダー募集

2010年11月13日 10:58

難病を発症 : 夢農人 立ち上げの背景3

夢農人の立ち上げの背景を
書いてきましたが、
(1)へ。(2)へ。)
その続きを書きます。(3)です。



背景となったことのひとつは、
●幼少時代に、飢えたこと。
そして、もう一つは、
背景というより直接的なきっかけになった、
●病気のことです。

私は、食べ物で病気になり、
食べ物で治療して元気になりました。


その間、約5年です。

当社、ルーコという会社は、
元気になった頃に、創業しました。

創業後は、5年目に
1度大きな再発があり、
人知れず闘って乗り越えました。
(創業11年なので6年ほど前です)



-----難病を発症

「広告屋になった理由」の記事で書きましたが、
書くことを仕事にしたいと
思っていたにもかかわらず、
2年足らずで辞めて、東京から帰省したのは、
病気が原因でした。

発症自体は、大学2年になる直前でした。
ある日突然激しい下痢になり、
10日たっても治らず、
さすがに体力の低下に耐えかねて、
病院へ行きました。

近所の医院へ行っても治らず
学校の医務室に相談したら、
大きな大学病院を紹介されました。

潰瘍性大腸炎という病気で、
今は知りませんが、当時は
厚生省の難病指定疾患で、
「基本的に治らない病気なので、
一生付き合って行くと思ってください」
とお医者さんから言われ、
目の前が真っ白になる思いでした。

1ヶ月ほど、まともに生活できないくらいの
激しい下痢と下血。
そのあとは、薬による激しい副作用で、
吐き気とめまいと発熱。
これまたまともに生活できませんでした。


-----病気の原因は食生活

病気の原因は、食生活と、
精神的ストレス、とされていましたが、
大学生活に、特にストレスは感じなかったので、
明らかに食生活が原因でした。

その食生活とは・・・

アルバイト先のラーメン屋さんで、
毎日のように、ラーメン。
夜中はお腹いっぱいのところへ
クリーム系のお菓子。
朝は、牛乳と卵かけごはん。
昼は学校の売店のサンドイッチなど
という食生活でした。

好きなものを
好きなだけ食べていました。
若いだけに、また、育った環境からか
食欲は人並みの2倍はあり、
量もかなり食べていました。

食べているものひとつひとつは
ときどき食べる分にはそれほど
害はないのですが、
蓄積とは恐ろしいものです。
1年で、難病患者になってしまうのです。


-----回復したものの、また弱っていく・・・

回復は、激しい副作用のあとでした。

薬の副作用の方が病気より辛くて、
勝手に薬をやめて、
勝手に通院もやめてしまいました。

一時的に元気なときに、
テレビ局に関わる場所で、
仕事を得ることができたわけです。



いかにやりがいある仕事といっても、
テレビ局の仕事は、かなり過酷で、
体力がついていかなくなっていきました。
頻繁に発熱していました。

人並みに食べると下痢になる体質に
なっていたので、
なにもかも、こわごわ食べていました。

痩せ細っていきました。



つづく…
→「極度のネガティブから・・・ : 夢農人 立ち上げの背景4」へ進む


----------
※この、「難病を発症」した話は、
弊社運営サイト「農家のためのWeb戦略」において
→弊社が農家に関わる理由/「農家さんのお役に立とうと考えた理由」と題し
まとめています。


同じカテゴリー(夢農人 立ち上げの背景)の記事
 産まれるまでの波乱: 夢農人 立ち上げの背景7 (2010-11-19 08:11)
 発信する使命感 : 夢農人 立ち上げの背景6 (2010-11-17 10:01)
 国産を食べるという食事療法:夢農人 立ち上げの背景5 (2010-11-16 08:03)
 極度のネガティブから・・・ : 夢農人 立ち上げの背景4 (2010-11-14 14:38)
 食べ物に思いを馳せる : 夢農人立ち上げの背景2 (2010-11-11 08:07)
 飢えていた・幸せは食卓にあり : 夢農人 立ち上げの背景1 (2010-11-10 08:35)

Posted by ルーコ 井上美穂 │コメント(0)カテゴリ:夢農人 立ち上げの背景
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。