ルーコ 井上の「喜びを、創ろう」。集客・ブランディングの日々。

ルーコ 井上の「喜びを、創ろう」。集客・ブランディングの日々。

集客・ブランディングのコンサルティングと、それに関わるWeb・印刷物 企画制作の、株式会社ルーコの代表です。 「喜びを創ろう」を基本理念に活動する日々を書いています。

マークアップエンジニア・HTMLコーダー募集

2010年11月19日 08:11

産まれるまでの波乱: 夢農人 立ち上げの背景7


夢農人の立ち上げの背景
 その他の記事

(1)飢えていた・幸せは食卓にあり
(2)食べ物に思いを馳せる
(3)難病を発症
(4)極度のネガティブから・・・
(5)国産を食べるという食事療法
(6)発信する使命感

▼番外編
 広告屋になった理由



夢農人 立ち上げの背景」として、
6つの記事を書いてきました。

そのなかで、自分の病気とその克服が
食べ物によるものだったことを書きました。


-----食べ物による体温・血圧の正常化で妊娠

そうして元気になり、
あるとき、子どもができました。
(降ってわいたような唐突な書き出しで恐縮ですが・・・)

6年ほど前のことです。

正直、自分に子どもができるとは思いませんでした。

病中の体温は、35度強 くらいで、
血圧は、上が80あるかないか、という
低体温・低血圧の、大変虚弱な体質だったからです。

病気が癒え始めると、自分の体温や血圧に
興味がなくなって、実は、元気になってからは
どうなっているのか把握していませんでした。

ちゃんと、体温は常に36度以上あり、
血圧は、上が100を超えていました。

食事の改善により、じわじわ体温が上がっており、
現在では、37度弱、というところです。

というわけで・・・
あるとき妊婦になりました。



-----流産危機

あるとき、変な吐き気に襲われて妊娠に気づきました。

数ヶ月間、毎日毎日吐き気、でしたが、
「私は食べてるものがいいから絶対大丈夫」と
信じ込んでいました。
実際、大丈夫は大丈夫だったんですが・・・

産まれるまでも波乱、
産むときも波乱、
産んでからも波乱、
でした。

産まれるまでの間にまず、流産しそうになりました。
出血して、10日間、寝たきりになりました。

絶対安静とお医者さんに言われ、
さあ、まず今日からの
お客様との打ち合わせをどうしよう!
ということがありました。

創業5年目で、スタッフは2名、お客様は50社ほど。
すべてを自分で営業担当、
企画デザインも多くを自分でしていたため、
自分の身体以上に仕事のことが気がかりという状態でした。

流産危機に関しては、ふしぎと・・・
「私は食べてるものがいいから絶対大丈夫」と
信じ込んで、自分の身体に疑いは持ちませんでした。
おめでたいですが、事実です。



-----突然きた「社長不在」状態

アポが入っていたお客様にはお電話して事情を伝え
すべての仕事をスタッフにお願いしました。
それしか方法がありませんでした。

実際、出産してから1ヶ月はそうするしかないのですが、
それが突然きてしまった、というわけです。

妊婦であることはお客様には誰にも言っていなかったので
非常に驚かれましたが、
その後はお願いしたわけでもないのに
打ち合わせには出向いてくださるお客様が増え、
申し訳ないと同時に、非常に助けられました。

当時のスタッフ2名は、
突然の、私の不在状態に「どうすればいいの?!」というような
局面がたくさんたくさんあったはずですが、
寝たきりの10日間は、ほとんど電話してくることもなく、
無事復帰しました。



-----自分以外の生命と生き、農産物を「惚れて買う」

そうやって、人に助けられながら
おなかの子はどんどん大きくなりました。

自分の口から入るもので、
自分以外の生命が育っていく
という意識から、
「○○さんが作った野菜です」とか
「○○さんが作ったりんごです」とか、
農産物その他食物に添えられた広報物を見て、
惚れて買う、ということが多くなりました。
職業柄、「うまく企画して作ってあるなあ」なんてことを
考えながら見ておりました。

世の中は、農産物のブランド化
始まっていました。

その頃、当社はまだ「デザイン会社」であり、
企画・コンサルティング・サポート・運営という分野には
至っておりませんでした。



つづく・・・
→「妊婦になっても仕事命」へ


-----------------------------------------

夢農人の立ち上げの背景

(1)飢えていた・幸せは食卓にあり
(2)食べ物に思いを馳せる
(3)難病を発症
(4)極度のネガティブから・・・
(5)国産を食べるという食事療法
(6)発信する使命感

さらに・・・
→「妊婦になっても仕事命」
→産むときの波乱---37時間の恐怖
→産んでからの波乱---病気再発と社会復帰
→社会復帰後、初の新規仕事は農家のお客様
→体験しないとわからない人間

▼番外編
 広告屋になった理由




-----------------------------------------
※夢農人 立ち上げの背景については、
弊社運営サイト「農家のためのWeb戦略」において
→弊社が農家に関わる理由/「農家さんのお役に立とうと考えた理由」と題し
まとめています。


同じカテゴリー(夢農人 立ち上げの背景)の記事
 発信する使命感 : 夢農人 立ち上げの背景6 (2010-11-17 10:01)
 国産を食べるという食事療法:夢農人 立ち上げの背景5 (2010-11-16 08:03)
 極度のネガティブから・・・ : 夢農人 立ち上げの背景4 (2010-11-14 14:38)
 難病を発症 : 夢農人 立ち上げの背景3 (2010-11-13 10:58)
 食べ物に思いを馳せる : 夢農人立ち上げの背景2 (2010-11-11 08:07)
 飢えていた・幸せは食卓にあり : 夢農人 立ち上げの背景1 (2010-11-10 08:35)

Posted by ルーコ 井上美穂 │コメント(0)カテゴリ:夢農人 立ち上げの背景
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。