ルーコ 井上の「喜びを、創ろう」。集客・ブランディングの日々。

ルーコ 井上の「喜びを、創ろう」。集客・ブランディングの日々。

集客・ブランディングのコンサルティングと、それに関わるWeb・印刷物 企画制作の、株式会社ルーコの代表です。 「喜びを創ろう」を基本理念に活動する日々を書いています。

2019年02月18日 16:46

六次の隔たりで「できない」を越えた話

「六次の隔たり」という言葉を
聞いたことがありますか?


「できないと思ったらできない。
できると思うからできるんだよ」と
普段から子供には悟しているのに
実は先日、私自身が、
できたらいいのに「これはできないかも」
と思うことがありました。

ある種の人に会って話を聴きたいと
思ったのですが、
同時に、とてもできそうにない、
とうっすら思ってしまっていたのです。

どうしたら会えるのか、
どこに行ったら会えるのか、
さっぱり検討もつかなかったのです。

私がどうしたらいいんだろうと考えていた時、
まだ20代の新入社員が教えてくれたのが
「六次の隔たり」でした。

「六次の隔たり」は、とても簡単にいうと、
「だれでも、オバマ前大統領とつながることができる」
ということです。

社員がそのとき例に出してくれたのが
オバマ前大統領だったのですが、
要するに、世界で名だたる有名人、著名人でも、
どんなに遠い存在の人でも
会える可能性がある、ということなのです。

「六次の隔たり」は
「5人の仲介してくれる人を挟めば、
6人目には会いたい人に会える。」
という意味です。

私がそのとき会いたかったある種の人に会うのは、
オバマ前大統領やトランプ大統領に会うよりは
現実味があると思って、とにかく
行動することにしました。

私が会いたかった、ある種の人というのは、
大手企業、できれば大手ナショナルチェーンの、
店舗開発担当者をしている人でした。

一度もそういう人にお会いしたこともなければ、
私の知り合いでそういう人とつながっている方、
会わせてくださる方がいるとは思えませんでした。

自分にとっては、非常に特殊な人、でした。

しかし、「六次の隔たり」の話に勇気付けられて
幅広い人脈を持っていそうな友人・知人
まずは10人くらいに連絡しました。

結果、大手の店舗開発担当をしている方に
1ヶ月後には会えたのでした。
それも、六次どころか
二次で会うことが叶いました。

そして、会えてお話を聴けた結果、
大手の店舗開発に関係する仕事のお客様に
提案することができ、それを形に
していっている段階です。

会わせてくださった方や、
会ってお話いただいた
店舗開発担当のみなさんには
本当に感謝ですし、
六次の隔たりを教えてくれた社員にも
非常に感謝しています。

これからも、
自分よりずいぶん若い人からも知恵を
もらったり、六次の隔たりを大事に
生きていこうと思います。


同じカテゴリー(日々のこと)の記事画像
香嵐渓、抜け道(裏道)、渋滞なくスイスイ、の記事。
金のキョロちゃんが何回も当たる人
武田双雲「深化」、観に行ってきました。
ルーコ創業18年
花粉症にレンコンをほぼ毎日。症状が軽いです。
映画『スティーブ・ジョブズ』を遅ればせながら
同じカテゴリー(日々のこと)の記事
 仕事ができない人の定義 (2018-06-16 15:13)
 オール英語の電話に格闘 (2018-03-05 19:57)
 香嵐渓、抜け道(裏道)、渋滞なくスイスイ、の記事。 (2017-11-21 20:31)
 金のキョロちゃんが何回も当たる人 (2017-10-21 09:25)
 武田双雲「深化」、観に行ってきました。 (2017-06-25 11:41)
 ルーコ創業18年 (2017-05-11 14:27)

Posted by ルーコ 井上美穂 │コメント(0)カテゴリ:日々のこと
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。